社員インタビュー

建物が完成し、そこに住む
ご家族の笑顔を想像すると
幸せを感じます

入社1年目
工事管理グループ
齊藤 博之
Hiroyuki Saito

社員インタビュー

  • 森鋼を知ったキッカケは?
    前職は鉄筋を組立てる職人をしていました。
    現場での仕事を通して、森鋼を知りました。
    その時一緒に働いた職人さんは今も森鋼に居ますが、僕の事をよく覚えてくれていました。
  • 入社を決めた理由は?
    職人から、更なるスキルアップの為、"番頭"(工事管理)の仕事をしてみたいと思い応募しました。
  • 入社を決める前に不安だった事は?
    前職はバリバリの職人だったので、パソコン操作には不安がありました。
  • 実際に入社してどうですか?
    一番印象的なのは、従業員同士の仲が良いです。
    分からないことも聞きやすいし、親しみやすいと感じましたね。
  • 仕事の中で楽しい事は?
    自分の担当現場が仕上がった時は、規模の大小に関わらずとても達成感がありますね。
    また、お褒めの言葉を頂いたときはとても嬉しいです!
    お客様(所長さんや監督さん)はよく見ていて、材料の段取や先手で動けた事に対して評価して下さいます。
  • 写真
    仕事の中で難しい事は?
    職人をやっていたからと言って簡単にできる仕事ではありません。
    正直、経験者の自分でも難しいです。
    親方や職長をやっていて、現場全体の流れやコミュニケーションの取り方を分かっている人なら、現場管理の仕事も流れを掴みやすいと思います。

    また、パソコン操作(エクセル・CADなど)には苦戦しているので、どうしたら効率よくできるか、日々勉強中です。
    自分自身、新しく入社した方へ間違ったことを教えないように精進していきます!
  • 森鋼のいいところ、キャップを感じたところは?
    従業員同士の仲が非常に良いので風通しもいいし、話もしやすいし、とても働きやすい環境だと感じています。
    会社に戻ると「お帰りなさい!」「お疲れ様!」と声をかけてもらったり、みんなの笑い声が聞こえると嬉しいですね。

    ギャップとしては、職人だった頃もそうでしたが、工事管理の仕事は想像していたよりも、勉強することが多いです。
  • 自分が役立ってる(必要とされてる)と思う瞬間は?
    お客様・職人さん・先輩に段取りが良いと言われたときは「必要とされてる」と感じます。
    そして、お客様である所長さんや監督さんに「次回もお願いします」と言われたときは、疲れも吹き飛びますね!
  • 『ものづくり建物づくりからの幸せづくり』という言葉を聞いて、どう感じますか?
    建物が出来た後、そこに住む家族の方の笑顔を想像した時、幸せをつくっているんだなと感じます。
  • 3年後(5年、10年でもok)どうなっていたいですか?
    今は先輩方に頼ってばかりなので、頼れられる存在になりたいです!
  • 入社を検討している方へメッセージをお願いします。
    決して、楽な仕事ではありません。覚悟が必要です。
    ですが、「建設業に携わりたい」「ものづくりが好き」という気持ちがあれば、ピンチをチャンスに変えて前進できると思います。
    まずは、「自分にとっての建設業が何なのか」をしっかり見つめていただけたら、道が開けると思います。
お問い合わせ